FC2ブログ

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【あと1日】誠実の友

12 04, 2015
ご無沙汰しておりました。実は在団したままです、院生1年のたかちです。

ついに明日、新潟大学合唱団第51回定期演奏会が催されます。
私は、大学院生活の中なんとか時間を作りながら練習に出ていました。昨年までとは違って歌い込みがぐっと少なくなった状況での参加なので、足を引っ張らないようにするのを最低限の目標としております。(汗)

定期演奏会を前に、改めて「何故、院生になってもなおこの合唱団に残ったのか」ということを考えました。すると、思い付くのは、若さ(まるで自分が年寄りみたいな捉え方ですが……)とその態度に惹かれたからという理由です。

新潟大学合唱団の持ち味は、何事においても「誠実」であることだと思います。時にその「誠実さ」は柔軟性に欠ける思考につながることもあります。しかしながら、音楽の節々にその「誠実さ」が光っていることは、明日の演奏をお聴きになればお分かりになると思います。音楽に対して瑞々しい感性でもって、一生懸命に歌う姿が印象に残ることでしょうし、事実、そうした音楽に対する態度だとか集中力がこの合唱団にはあると確信しております。

私は、その「誠実」に音楽に取り組む後輩たちをちょいちょい歌いつつサポートしていきたいなと思い再入団を決めたのでした。
……しかし振り返れば、結局、私から後輩たちに与えた影響というのがどれほどあったかなどは全く自覚できません。むしろ私自身は、後輩をサポートしたいとか思いつつも、逆に後輩たちから支えられながら、また刺激を受けながらここまで来たように思いました。

支えられている、といえば、こうして今の新潟大学合唱団や今の自分は、歴代の先輩方が作り上げてきた伝統や、諸先生・先輩方とのつながりの上に成り立っているということに気づかされます。
そういえば、昨年の定期演奏会は第50回記念の演奏会でした。半世紀続いていることを思えば、歴史的な重みを感じざるを得ません。そして、明日次の節目を目指して51回目の定期演奏会を迎えるわけです。新たな一歩という足取りも明日に感じます。

ところで、今回の記事のタイトルですが、新潟大学の学生歌の1節によっています。まさしく、新潟大学合唱団を通じて出会えた人たちこそ「誠実の友」であるように思います。そんな人たちと「誠実」な音楽ができて本当に幸せだと実感しております。様々なつながり(先生方、先輩方、後輩たち、そして聴きに来てくださる皆様も含め!)に感謝しながら歌います。

明日は、どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
書いてる人
twitter
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。