FC2ブログ

スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【あと8日】Held in it's bosom.

12 15, 2014
こんばんは。おかちです。

私は新潟大学に入学するにあたり、「法律と英語の勉強を頑張る!」と意気込んでおりました。実際、1年の春にはオーストラリアに短期留学に行き、2年の前期までは毎日英語の授業を受けていました。

ただ、最近は毎日六法とにらめっこする日々…
英語の勉強が全然できておりません。

そんな中、今回の定期演奏会でも披露する「木下牧子 アカペラコーラスセレクション」の楽譜を読んでいると、楽譜の後ろの方に歌詞の英訳が掲載されているのが目につきました。気づいてはいたのですが、改めて読んでみるとさまざまな発見があるものですね。

例えば『おんがく』という曲には、「そのむねにだかれて」という歌詞があります。そこで「むね」の英訳としてbosomという単語が用いられています。bosomはもちろん「むね」という意味なんですが、chestやbreastといった「むね」を表す他の単語に比べて、少し柔らかい意味合いがあるものなんですね。あたたかな「ふところ」というか、感情の宿るところとしてのむねという意味合いがあります。音楽的には、ここの強弱記号はffなのですが、ただ単に「強く」というより、何か大きなやさしさのこもった声質で歌うのがぴったりくるのかなと個人的には感じます。人それぞれ考え方があると思いますが、さまざまなアプローチから曲の解釈をしてみるのも面白いものですね。

まわりの友達は外国の大学に一年間留学に行ったりと、とても精力的に語学の勉強をしています。そんな友達を見て焦る気持ちも全くなくはありませんが、それよりも今自分ができることを精一杯やることが重要かなと感じております。私にとってはそれが法律の勉強であり、そして仲間と楽しむ合唱でした。とはいっても最近はその法律の勉強が全然追いつかず、また別の意味で焦ってはおりますが汗

年の瀬にはいろいろ考えるものですね。皆さまも、そんな一年の締めくくりに、新潟大学合唱団の定期演奏会にぜひお越しください!聴いていただいた方にもいろいろと感じていただけるようなステージにしたいと思います!明日も練習です。それでは、また。
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
Top
-0 Trackbacks
Top
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
書いてる人
twitter
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。